医者の年収っていくらぐらいかな?

医者は大きく分けて、勤務医と開業医に分かれます。 ここで大きく違ってくるようです。

勤務医と開業医の収入の平均

勤務医の年収

20代後半(勤務医):年収500万から700万円
30代前半(勤務医):年収700万から800万円
30代後半(勤務医):年収800万から1000万円
40代前半(勤務医):年収1000万から1400万円

開業医の年収

20代後半(勤務医):年収500万から700万円
30代前半(勤務医):年収700万から800万円
30代後半(勤務医):年収800万から1000万円
40代前半(開業医):年収2540万円

勤務医と開業医の実態

勤務医の内訳

勤務医の全年齢の平均年収は、男性で1179万円、女性で870万円ほどでした。 この男女の差は、特に女性は結婚して家庭に入る方も多く、また復帰してもフルタイムで働くのではなくアルバイト等で過ごす方も多いからと予想されます。

またこの勤務医の報酬額は実際に働いている地域によってバラつきがあります。 医師不足が叫ばれている過疎地域ほど、年収は高く、都市部など人口密集地になるほど年収は低くなっています。

他には、都心の大学病院の勤務医や病理の基礎系専門の勤務医は年収が低くなる傾向にあります。

開業医の内訳

開業医になっている人は全体の4分の1と言われています。
開業医の平均年収は2,675万円となり、勤務医と比べると1,500万も高いことがわかります。

診療科によって年収にバラつきはあるもののやはり勤務医よりは稼げると言えるでしょう。 ただし、親のあとを継ぐ方は問題ないとしても、自分で開業するには、いろいろな経費が掛かってきます。 大体5千万から1億5千万が投資の相場と言われています。 まぁ通常は銀行がほぼ問題なく融資はしてくれますから、ゼロからスタートしても2,3年で収支が合ってくるでしょう。

ここで一番の問題点は、開業医になった場合、医者としての顔を経営者としての顔が必要になってきます。 お金だけでなく、看護師や事務の人との人間関係などトラブルもあるかもしれません。 そういったものを含めて開業医は年収が高いと言えるでしょう。

ページの先頭へ