塾予備校の徹底比較

なぜ塾や予備校に入る必要性があるのか? それは徹底した情報収集によって、生徒に圧倒的に有利に働くように塾や予備校は日々努力しているからなんです。 もしあなたが難関医学部に入りたいと思っているなら、まずはどんな塾や予備校があるのか知っていることがまずは必要ですね。

国公立大学に強い塾予備校

  1. 駿台予備学校

    駿台予備学校

    日本で一番有名な予備校ですね。 毎年医学部合格者数はトップをいっています。 特に国公立大学に強いので、全国から生徒が集まります。 しかし一方私大にも強いことも忘れていません。

  2. 鉄緑会

    鉄緑会

    ここは特に東大理Ⅲに強い予備校です。 特に医学部に特化した教室はありませんが、東大に入る実力をつければどんな医学部でも入ることができます。

  3. 河合塾

    河合塾

    ここは全国模試の受験者が多数いるために受験者の情報データを豊富に蓄積しており、他にはない情報を発信しています。 医学部に合格した受験生のデータが心強い財産となって、指導しています。

  4. 代々木ゼミナール

    代々木ゼミナール

    医学部に精通した講師陣やクラス担任によって医学部合格の体制は万全です。 面接にも力を入れており、専用の講座もあります。 トップレベルの国公立大医学部コースは確実に実力がアップします。

  5. 北九州予備校

    北九州予備校

    福岡の北九州にある予備校ですが、医学部に強いことで全国的に有名で全国から生徒が集まっています。 生徒数は、駿台予備学校、河合塾に次いで3番目です。 特に講師陣が実力派揃いで地方ながら都市部並みの授業が受けられます。

ヤフーニュースで「鉄緑会」が取り上げれられていました。

東大理Ⅲに6割近くの合格者を輩出した「鉄緑会」

なぜこんなにも多くの合格者を出すことができたのか?
その理由を探った記事が掲載されていました。

それをちょっとかいつまんでいきましょう。

ページの先頭へ