塾予備校の比較(国立大に強い)の徹底比較

国立大学の医学部に強い塾や予備校を比較検討しています。

駿台予備学校の特徴について

子供がそろそろ大学受験。「予備校はどこがいいのか。」「どこでもいいのではないか。」なんて考えてはいけません。 国公立大学の医学部を目標としているのなら、なおさらです。

大学受験を左右するほど予備校選びは重要なものになってくるので、子供に合った、目標とする大学・学部に強い予備校を選ばなければダメです。 国公立大学の難関校、医学部を目指しているのなら、それらに強い「駿台予備学校」の特徴を今回はお話します。

駿台予備学校の特徴の1つ目は、「講師の代々木ゼミナール、テキストの河合塾、生徒の駿台予備学校」と言われている通り、とても生徒のレベルが高いということです。 レベルの高い生徒が多くいる環境の中に自分も飛び込んでいくということは、自分のモチベーションを上げやすくなります。 自分を取り巻く環境は、大学合格を左右するほど重要なのです。

特徴の2つ目は、1コマ50分の特徴的な授業があげられます。
50分だとかなり短く、他塾と比較してもかなり短いです。 しかし、人は長時間勉強しても集中していられる時間はそれほど長く続きません。 この50分という短い授業時間は、集中力を高める・続かせるという考えからです。

特徴の3つ目は、授業の講座がレベル別に分かれている点です。
同じ大学。学部を目指しているからといって、生徒のレベルが同じとは限りません。 苦手な教科・単元は一人ひとり違います。 生徒のレベルに合わせた講座で学習することにより、実力を伸ばしていこうという駿台予備学校の考えです。

特徴の4つ目は、教室の座席が指定されている点です。
早く行かないと席がすぐに埋まってしまい、後ろの席でしか授業が受けられなくなる、席取りのために何十分も前から教室の前に並ばなければならない、ということはありません。 部活動や他の用事等で忙しくても座席指定なのでしっかりと授業を受けることができす。

特徴の5つ目は、サポート体制の充実度があげられます。
クラスごとの担任をはじめ、チューターや進路アドバイザー、クラスリーダーなどがいて、進路について、勉強方法についてなど相談することができます。 「第一志望校はゆずれない。」方にとって、ピッタリな予備校です。

ページの先頭へ