塾予備校の比較(国立大に強い)の徹底比較

国立大学の医学部に強い塾や予備校を比較検討しています。

鉄緑会の特徴について

鉄緑会といえば、難関大学の合格を目指すハイレベルな学習塾ということで知られています。 都内の優秀な高校生が通うとされており、入塾には塾が決めた入塾テストに合格する必要があります。

この入塾テストがまた大変難しく、通うだけでなくそもそも入塾することがとても難しい塾とされています。 しかし、その実績は折り紙付きであり、「東大に一番近い学習塾」とまで言われています。

そんな鉄緑会ですが、東大を目指す生徒は多いといわれますが、医学部や他の国公立大学を目指す生徒にとってはどうなのでしょうか。 医学部は、一般的にとても難易度が高い理系学部として知られています。

しかし大学によって傾向がとてもバラバラで、目指す大学によって対策が異なります。 さらに面接や医系小論文など独自の試験を課す大学もとても多く存在します。

そのため、医学部を目指すのであれば、まずは基礎学力を固めてから学校ごとの対策をする必要があり、たとえハイレベルな学生だとしても鉄緑会はあまり向かないかもしれません。

一方で、東大以外の国公立大学を目指す生徒にとってはとても魅力的な塾だと言えるでしょう。 学力は高くても、学びたい内容などから東大以外の大学を目指す高校生もたくさんいます。

そのため、東大志望ではないから優秀ではないとは一概にいえず、鉄緑会に入る実力はありながらも他の国公立大学を志望することも十分にあり得るでしょう。 東大の入学試験問題は、基礎的な学力から場合に応じて推考したりする問題が多く、あまり変に偏った問題は出されないことで知られています。

そのため、東大の対策をしておけば他の大学に志望を変更しても対応しやすいのが事実です。 鉄緑会では東大の受験対策がメインですが、他の国公立大学を目指す生徒にとっても学力だけでなく論理的思考力などを養うのには最適な環境だと言えます。

東大に一番近い塾だといわれる鉄緑会ですが、生徒が志望する大学によってその用途を変えながら使うこともできそうです。

ページの先頭へ