鉄緑会はなぜ東大合格者が多いのか?

数ある有名塾や予備校の中でも、トップクラスの実績を残している鉄緑会。 その秘密をヤフーニュースが取り上げていましたので、その記事を要約していきます。

鉄緑会の特徴について

まず鉄緑会の特徴について、校舎は東京と関西しかありません。 在籍者数もそれほど多くなく、1000人程度です。

しかし2016年の東京大学理科三類に合格した人の約6割が鉄緑会の出身なのです。

東大の1学年の理三枠は97名、そのうち鉄緑会から54名合格したというのだから驚きです。

ちなみに東京の校舎は東京代々木しかありません。 関西は梅田の大阪校、西宮北口、京都の3教室のみ。 当然全国展開はしていません。それにも関わらずこの合格率は驚異です。

また鉄緑会の特色のひとつとしてその入学指定です。 この鉄緑会には「指定校制」があります。

開成、桜蔭、筑駒、麻布、渋幕など首都圏では有名進学校のみの生徒を受け入れていること。

高校自体はこういった塾を進めているわけではありませんが、やはり親御さんはこの高校に入れば、 鉄緑会にも入れるという魅力を感じていることも事実です。

授業自体はかなりハイペースで中学3年時点で高校3年までの英数の基礎は終了、 高校1年には英数を固めて、理科や国語社会は高校2年からスタートするペースです。

鉄緑会の講師は7割が鉄緑会出身者で、東大卒です。 東大理Ⅲなど最難関大学を合格した先輩が親切丁寧に教えることが、直近の経験と説得力が 他の塾のベテラン講師に比べて、身近に感じられる若手中心なのも特色だそうです。

それほど大規模な塾ではありませんが、こういった特化した特色によって、東大理Ⅲ合格者を大量に輩出した背景があるんですね。

ページの先頭へ